龍の子の給食

安心・安全を基準に、旬の素材中心にした食事を提供したいと考えます。
「生活クラブ生協」の生産者の顔の見える食材を使用しています。
素材そのものの美味しさを感じながら
“食べることの楽しさ”も味わってもらいたいと思っています。

咀嚼(そしゃく)をとても大切にしています。
かたい物でもよく噛んで飲み込めるように、切り方や調理法など工夫しています。

園での食事・おやつでは、一日の4割程度の栄養が摂取できるよう、考え提供しています。

水は、調乳用は買った物(ペットボトル)を使用。その他は、静岡県函南の水を使用し、

足りない時は東京都の水道を使います。

献立は中野区保育園の乳幼児期~完了期を参考にしています。

 

◆昼食の一例

 

◆おやつの一例

 

小魚・牛乳
季節の果物
炭水化物(さつまいも、パンケーキ等)

 

 

【一汁三菜】

動物性脂肪や甘いもののとりすぎで子どもの生活習慣病の発生率が上がってきているなど耳にします。
幼児のうちから一汁二菜とか一汁三菜とかの食事パターンを身につけることが大切だと考えます。
たんぱく質、脂肪、炭水化物の割合が理想的な食事のかたちになるのです。