龍の子の考え・接し方

 

「大切にしていること」に記載できるのは、ほんの一部です。
毎日のちいさな積み重ねの中での”考え方・接し方”がたくさんあります。

 

 

 

また、子どもへの対応は 正解もひとつではないと考えます。
子どもそれぞれによっても、子ども同士の関係性、その日の体調・・・・・。
様々な角度から真剣に子どもと向き合い、考え、理解してあげようとする気持ち。
そんなことを大切にしています。

園長はじめ教職員の子ども達に対する考え方、接し方、保護者の方からの感想などを載せています。
「大切にしていること」と合わせて、龍の子保育室ってどんな園なの?と
皆さんに少しでも伝わると嬉しいです。

 

【信じる心を大切に】

子ども達にとって「受け入れられている」安心感を。

そして子ども達がまわりを「受け入れる」楽しさ・関係の広がりを感じてほしい。

人を信頼でき、そこからのびのびとした自己表現に繋がる、と思っています。

同時に保護者の方と保育士との信頼関係も大切に、家庭と保育室の連携で子育てを進めたいと思っています。

 

 

【五感を大切に】

人の身体の本来の力を発揮できるよう、様々な場面で心がけます。

触れるもの・聞こえるもの・見えるもの・食べるもの・匂いや香り

小さな子ども達にとっては、毎日の生活が新たな発見にあふれています。大人にとっては当たり前になっている日常。風の音、雨の匂い、初めて見た夕焼け、美味しそうなご飯の音や匂い・・・私達大人も一緒に感じて感動することも、とっても楽しいことなのかもしれません。

 

 

【感情を育む】

子ども自らの経験で、育ってゆく感情を大切に考えます。

感じたことと、表現言語との関連性は結びつかないことも沢山あるので、大人は子どもの感じたことに共感して寄り添う、そんな感覚なのだと思います。

時には苦い経験(けんかや噛み付き、おもちゃの取り合い等)もしますが、そのことにより自分が感じたことを通じ、他の人がどのように感じるか?それ自体が良いことなのか悪いことなのか?なども理解できるようになって行きます。

人の痛み・人との関わりの楽しさを実体験から選びとって心も成長します。

沢山の初体験を通じ、心が育まれる場所のひとつでありたいと思います。

 

 

これまでの感想・ご意見など(参考事例)

・卒園して4歳になる息子は、今でも冬は薄着で走りまわっています!肉も魚も野菜も好き嫌いなく食べるので、この一年熱で寝込むことなしでした。

    

・入園して保育士さん達の接し方をみていて、対等にひとりの人間として接してくれているのが様々な場面で感じられます。赤ちゃん言葉を使わずに会話を進めていることや、子どもの疑問や不安な表情に対してもごまかすような対応ではなく、根気良く話をしていました。 家庭での育児にもとても参考になり心強く感じています。

 

・園から帰宅して衣類を洗濯すると、ポケットから沢山の植物の種や石ころが・・・。そこから子どもの楽しそうなお散歩の会話が始まります。

 

・入園してから半年経つころには園長のギター伴奏の歌がお気に入りに。家では聞かせたことのない歌まで沢山歌って楽しそうにしているわが子を見て私も元気が沸いてきます。

 

・休日に一緒に散歩していると、子どもが自分でツツジの花を取って蜜をちゅーっと嬉しそうに吸っていました。私では つい「ダメよ」と言ってしまうことも子どもが楽しくやっていることを見て、この子の別の世界が広がっているんだなぁと感じました。

 

・家では全く食べないブロッコリー、ピーマンなども園ではもりもり競うように食べているようです。家でも諦めずに折を見て色々な食材を使って料理をするようになりました。育児は根気!かな、と感じています。

 

・卒園後も、地域のイベントで会える同級生の友達。中野こども空間のイベントでもお世話になっています。もう少し大きくなったら運営(お手伝いできる側)にも参加させてみたいです。